さぬきの森を作ろう!

森づくり活動

morinokai

「さぬきの森」においては、“市民協働による讃岐らしい里山再生”をテーマとし、 森づくり(整備・保全・森林利活用)を自立的に実施する市民協働のボランティア活動を中心に、下記のような森の保全と活用に向けた活動を推進しています。

・草刈や除伐・間伐、枯損木・危険木の除去
・森林作業に必要となる技能向上に向けた講習会
・森林作業上の危険予防に関する勉強会
・森を利用したイベント・遊びのための技能向上
・森の生物観察と保全方法の習得
・森で採れる食材を使った料理

こうした活動を通じて、生物多様性を育む地域の自然環境の保全と再生を図りながら、自然の中での里山文化体験や野外レクリエーションの場を創出し、 健康づくりや観光振興への貢献を図っています。

 

さぬきの森の会通信

平成29年度 

  冒険&遊び広場・初夏の野鳥観察とシイタケ管理体験(H29.5開催)

平成28年度 

  春の野鳥観察とシイタケ管理・食体験(H28.5.22 開催)

  ヒノキ間伐体験とキノコのホダ木管理(H28.7.17 開催)

  郷土の森のきこり体験とシイタケの食体験(H28.10.9 開催)

     さぬきの森の日(H28.11.23 開催)

  ヒノキの薪割り体験と巣箱作り、ホクホクの焼き芋(H28.12.11 開催)

  早春の野鳥観察とシイタケの菌打ち体験(H29.3.4 開催)